日々妄想日記8

景色が枯れ色から緑に、小さな生き物たちも飛び交いはじめた。
ひょっとしたら、欧米諸国に感染や死亡が多いのは、人口だけの問題かな、アジアのコロナ特性なんだろうか。前に、天災から人災にといったけど、ひょっとしたら人は神の領域を侵犯して、神になろうとか、馬鹿な思い上がりもほどほどにしないと。はたして、それは許されるのだろうか、いや、赦されない。
死を覚悟して、その前にと言葉を伝える女がいるとしたら、その時男は何を言えるだろう。曲が流れてくる、ディランの「ブルーにからまって」の歌詞はハッキリどうか知らないけど、なんか男と女の性を歌うとすれば、野郎ども頭ばっかじゃ駄目だぜ、身体を使え。だから女ども悪いなぁ、いつも傍にいてくれって、でも振り返れない。みたいに解釈しておこう。手っ取り早く書いてるけど、ひとつひとつの出来事はあるときは急速にまたはゆっくりと変化していったんだけど、まぁ生き延びたら清書したいなぁ。